アーユルヴェーダとは、インド発祥の伝統医学で約5000年ほどの歴史を持つ医学のことです。
現在の西洋医学の元といわれるギリシア医学と、漢方を利用する中国の東洋医学と並んで、世界の三大伝統医学として呼ばれている、実績も知名度もバツグンの伝統医学です。
生命や寿命を意味するアーユスと、科学や知識を意味するヴェーダが組み合わさって出来た生命医学という考え方から来ています。
人間の体には3つの性質があると考えられ、それぞれが心身相関することで、日常の病気や体調に影響があると考えられています。
風の性質を持つヴァータ、火の性質を持つピッタ、水や地の性質を持つカパの3つの性質があります。

 

 

shutterstock_97489289
それぞれ、体に及ぼす作用が異なり、ヴァータタイプが強い人は、活動的で細身な人が多く、便秘傾向にあるといわれています。ピッタタイプが強い人は中肉中背で情熱的、食欲旺盛な人が多いといわれています。
カパタイプは大柄で穏やかな性質を持ち、ほどほどの食欲を持っているといわれています。
これら3つの性質は、一日の時間の流れの中でもバランスが変動し、季節の流れでも左右されます。
この3つの性質のバランスが崩れることにより体の調子が悪くなると考えられているので、治療では乱れたバランスを整えることに重点を置いています。